覚えておきたい、結婚指輪のお手入れ方法

結婚指輪のお手入れはから拭きが基本

最初はピカピカだった結婚指輪も時間が経つとともに汚れが付着し、少しずつ状態が悪くなってくるというもの。この汚れを放置しておくとくすんでしまい、結婚指輪の輝きを損なう原因になってしまいます。汚れの原因は主に皮脂や汗。また、ハンドクリームなどに含まれる油分が汚れの原因になることもあります。
二人の想いが詰まった大切な結婚指輪。あまり汚したくないけど、お手入れはできれば簡単な方がいいですよね。汚れを最小限に抑えるには結婚指輪を外すときに必ず拭くということを習慣づけること。やりかたはとても簡単。柔らかくかわいた布で優しくから拭きしてあげるだけです。めがね拭きは油分や細かい汚れを落としてくれるので、利用するのもいいですよ。こまめにからぶきするだけでも、結婚指輪の美しい輝きが長持ちします。

結婚指輪の汚れが気になってきたらつけ置き洗い

こまめにからぶきしていても、どうしても汚れが気になってくることがありますよね。そんなときはつけ置き洗いがおすすめです。つけ置き洗いはコップ1杯程度の水に中性洗剤を数滴垂らし、結婚指輪をつけておくだけという簡単なもの。数分経ったら真水で洗剤を洗い流し、水気をしかりと拭き取りましょう。刻印などがある場合は中に汚れが溜まりやすいので、子ども用の柔らかい歯ブラシなどでブラッシングし、汚れをやさしく掻き出します。特に夏は汚れがたまりやすいので2週間に一度くらいはつけ置き洗いでケアするといいでしょう。
ただし、真珠やエメラルドなど中性洗剤や水洗いが不可の素材もあるので注意が必要です。気になるようでしたら購入した店で確認してくださいね。
また、こまめにセルフケアをしていても、汚れが落としきれない場合や、輝きが曇ってくる場合があります。そんなときは専門店でクリーニングしてもらうといいですよ。

ブライダルリングとは、一般的に婚約指輪と結婚指輪を総称したものであるため、あわせると3つになります。