結婚指輪、相場はどのくらい?

女性用と男性用との相場の違いもあります

婚約指輪のケースではダイヤモンドが評価されていますし、相場に関してもお給料の3ヶ月分が目安といわれています。 言うまでも無くこの通りでなくても良いですが、相場を把握しておくと結婚指輪選定にも重宝します。 結婚指輪のケースではほとんどのケースで、夫婦でお揃いのデザイン性となっています。そして、女性の方向けにはメレダイヤをあしらったデザイン性が支持されています。 このような時、少し女性用のほうが高くなりますので、デザイン性によりましてコストも変わってしまうと意識しておきましょう。 結婚指輪を手に入れる方の大半は20代~30代の方ですが、こうした場合の相場は1人あたり10万円程度になります。 結婚指輪にもバリエーションはありますし、男の方は単調で宝石もあまりつけないので女性の方と比べて安価になるため、7万円程度のケースもあります。

価格と合わせてデザイン性の大切です

ひとまず1人当たり10万円という形でみると、2人で20万円くらいが相場になります。 原則として相場ですから、華やかにする人もいれば、一層安価にする人もいらっしゃいます。 しかし結婚指輪はお揃いのデザイン性のほうが一体感がありますので、数多くの人がお揃いで選択します。 結婚指輪においては、初めよりペア、あるいはセットで売りに出されていますので、余程デザイン性に開きがない限りいずれも大差ない値段が多いです。 男性の方で指そのものが太い人、あるいは女性においても指が細い方は、サイズがありませんので特注になります。 こういう時はオーダーメイドとなるので、いくらか価格上昇する事もあります。継続的に付ける物ですからプライスも重要ですが、年に関係なく似合うデザイン性のものを選択することが大事です。

結婚が決まったら最初に二人で購入するのが結婚指輪です。長い結婚生活をともに過ごすのでよく考えて選びたいですね。大阪にはたくさんのお店がありますので結婚指輪を大阪で探すのがお勧めです